インターネットを使用した採用方法

昔はアルバイトや正社員募集などでは必ず電話連絡の上で書類選考や直接面接という流れが多かったですが、現在はビジネス化が進んでいることから、応募する際にもインターネットのお問合せ窓口から簡単に応募をすることができます。また、面接はインターネットを利用した動画面接という方法も展開されています。直接会わずに画面越しで面接をすることになりますが、企業側のメリットとしては採用までのスピードが速くなるという点です。他にもメリットがあることから動画面接のシステムを取り入れている企業が増えてきています。

見るべき点を抑えておくことが大切

これから人材採用で動画面接サービスを活用していくなら、面接をする際に求職者に対して見るべき点を踏まえておくことが大切です。動画面接では時短ができるという最大のメリットがありますが、やはり求職者をしっかり見ていないと企業に合う人を採用することができなくなります。直接会うのとは違い画面越しになるため、しっかりと求職者の姿勢や発言を見て採用を検討するようにしましょう。

企業で動画面接を導入しよう【メリットの多い便利な機能】

面接

アプリやサイトを専門サイトから探すことができる

今では動画面接のできる専門求人サイトがたくさん展開されているので、それらのサービスに登録をすれば動画面接が行なえる専用のアプリを使用することができます。利用料が無料のところもあれば有料での利用もできるので、まずは動画面接サービスのある求人サービスを探してみましょう。専門サイトならいくつもの求人サイトの紹介があるので、サイト一覧を見て候補のサービスを見つけることができます。

男の人

筆記試験もウェブから行なうことが可能

動画面接だけに限らず、筆記試験もインターネット上で求職者に受けさせることができます。筆記試験が完了したら企業側で何回も見直すことが可能です。また、アンケートなども求職者に回答を求めることができます。インターネットを利用した採用サービスには様々な機能があるため、動画面接を検討している担当者は豊富なサービスを展開している採用サイトを利用するのが良いでしょう。

面接

予めアンケート調査をして選考をすることも必要

動画面接は短時間で何人もの人を面接することができる優れたものですが、予想より多くの求職者が面接希望を出すとかなり時間がかかってしまうでしょう。動画面接をする前にアンケート調査をしておけば、企業の求人条件に合った人をそこから細かく選考していくことができます。動画面接などのサービスをする際にはあらゆる手段を考えておく必要があることを理解しておきましょう。

[PR]
動画面接を取り入れる☆
利用している内容を確認!

動画面接におけるメリット4点紹介!これからはインターネットの時代

男女

時間の制約がなくなる

もし面接をするとなると、時間を決めて会議室など面接場所を確保しておく必要があります。そうなると大幅な時間を取られてしまい、業務にも支障が出てしまうでしょう。しかし、動画面接ではパソコン1台あれば会議室を確保する必要もなく、また時間確保もしやすくなることから時間の短縮化を図ることができるのです。

すぐに人員確保ができる

動画面接をすることによって短時間で何人もの求職者の面接をすることができます。人手不足で厳しいときなどに動画面接はうってつけなのです。また求職者にとっても自宅から気軽に面接をすることができるため、時間に余裕があれば新しい仕事の準備も早く整えることができるでしょう。企業側と求職者側どちらにもメリットがあるといえます。

面接内容の見直しが可能

直接会う面接なら求職者の回答を全てメモをしていく必要がありますが、動画面接なら録画機能を使用することで後から見返すことができます。そのため、その場で求職者が回答したことに関してメモを取り忘れたとしても、後で見返すことにより求職者がどんな回答をしたか再度知ることができるのです。これなら選考の際にも参考になるでしょう。

コミュニケーションスキルを見抜くことができる

動画面接だからこそのメリットの一つですが、画面を通して求職者の色んな表情を見ることができます。動画面接なら場所や時間に制限がないため、納得するまで話をすることができるでしょう。履歴書では判断できないことは面接を通してしっかり話をすることで、その人の性格やコミュニケーションスキル、その人自身が持っているポテンシャルを見抜くことに繋がります。

[PR]
フィンテックのことを知りたいならココ★
まずはセミナーに行こう!

[PR]
スケジュールのシステムを共有できちゃう♪
仕事を円滑化したいなら必読★

広告募集中